Archive for 5月, 2016

9 5月

キッチンの居心地

家事を行う中心的空間はキッチンです。それだけに家事を行う女性にとってキッチンは非常に重要な空間でもあるのです。専業主婦である私も家造りの際にはこのキッチンを非常に重視しました。一番避けたかったのは、キッチンの床に物が散らかることです。キッチンには収納しておきたいものが多いです。それだけに物が入り切れずキッチンの床に置きっぱなしになることも以前はよくありました。

そこで我が家はキッチンに設置するカップボードをスペースに合わせて造り付けたのです。天井近くにまで広がるカップボードは収納力に優れています。空間にすっきり収まるカップボードは見た目の印象もいいです。扉三枚分の横幅があるので収納力は抜群です。扉一枚分はキッチンパントリーとして食材やキッチン雑貨を収納しています。そしてその隣には食器類を一面に並べています。普段使いするものからお客様用のものまでここに全て収納できているのでお皿選びもしやすくなりました。

そしてその隣にはキッチン家電を収納しています。炊飯器や電子レンジなど使用頻度が高いキッチン家電は手が届きやすい位置に、そして大きさや使用頻度に合わせて上下の棚を使用しています。可動棚なので収納するものに合わせて棚の高さをアレンジできるのも収納のしやすさに繋がっています。キッチンを使用しない時や来客時にはすりガラスの扉で全てを隠すことができます。すりガラスなので収納している物はしっかりと隠しながらもキッチンに明るさを通してくれます。調理をする時は扉を開けておけば家事効率も高まります。我が家はこのカップボードのおかげでキッチンの居心地を高めています。