Archive for 1月, 2019

19 1月

ニッチ

壁の厚みを利用して壁を凹ませ飾り棚として利用したり、収納スペースとして利用するニッチが多く取り入れられています。
外壁面は断熱材が入るため設けることができない場合もありますし、内壁面においても柱や筋交の影響で設ける位置やサイズが限られてしまうことがあります。
有効に利用できる壁を活用してインテリアのアクセントに、収納不足の解消に役立てたいものです。
このニッチが人気を高めているのは、スペースに影響を与えないからです。
広々と空間に余裕がある場所はもちろんのこと、広さに限りのある場所でも気軽に設けることができます。
我が家は、玄関ホール部分に縦長のスリッパラックのニッチを設けました。
今までは玄関ホール部分の置き型のスリッパラックを設けていました。
しかし、行き来の際、置き型のスリッパラックがあると邪魔に感じることも多く、玄関ホールがごちゃごちゃした印象になってしまいがちです。
そこで壁厚を利用してスリッパラックを設けたのです。
お客様用のスリッパは使用頻度が低いですし、スリッパが目に触れると一気に生活感が増してしまうのでニッチの前にはミラー扉を設けました。
これならスリッパが目に触れませんし、ホコリをかぶる心配もないのです。
行き来のスムーズさを確保できますし、スッキリとした印象を与えます。
ミラー扉なので家族が外出する時に身だしなみチェックするにも最適です。
このスリッパラックの上部には鍵をかけて収納できるフックが設けられているので、バラバラになりがちな鍵もここ一か所で管理できています。
壁の厚みを上手に活用させたいものです。