二つの玄関

我が家は玄関の動線を二つに分けました。我が家のように玄関の動線を二つに分ける家庭は意外と多いです。玄関の動線を分けることでメインの玄関を常に美しく保ちやすくなることです。玄関は家族が毎日出入りするのはもちろん、お客様がまず最初に足を踏み入れる重要な空間です。そこに靴や屋外で使用した物が置きっぱなしにしてあると生活感を与えてしまいますし、出入りがスムーズに行えません。そこで、メインの玄関の横に設けたシューズクロークを家族用の玄関として利用できるように室内への動線を確保したのです。

動線のスムーズさは、出入りを行いやすくしてくれます。加えて、シューズクロークの収納力を重要させることが大事です。家族の靴を大容量に収納できるだけではダメです。屋外で使用する子ども達のおもちゃやボール、ベビーカーに三輪車、旦那さんのゴルフバックなどの趣味道具や子どもが成長したら部活用品を置いたりもできるような広々としたシューズクロークを設けておくのです。

棚にはどこに誰の靴があるかが一目で分かるように整理し、屋外用のおもちゃや洗車用具、アウトドア用品などまで整理できるとシューズクロークがスッキリとします。そして、屋外で使用して汚れていてもサッと片づけられるように土間収納スペースも確保しておくのです。これで靴や物をこのシューズクロークにしまい、そのまま室内へ入ってきます。これなら小さい子どもでも自分の靴や屋外で使用した物を片付け、室内へ入ってくる習慣が身に付きやすく、メインの玄関を常にスッキリと保ちやすくなるのです。二つの玄関で玄関のかおとも言われる空間を美しく保ちましょう。

Tags:

Comments are closed.