中古物件での注意すべき点

  世界のあちこちで頻繁に発生している大地震。

 日本については深刻な問題となっています。もともと複雑にプレートが重なり合ってできた場所にのっかるようにある日本列島のこと。いつまた大きな地震災害に襲われるのか不安がないといったらウソになってしまいます。

 それだけに最近は建物に対する耐震性に敏感になってきました。大きな地震ごとに建築基準法は改正され、災害に強い建物づくりを目指してきています。1981年に「新耐震設計基準」が制定される以前の建物は一般的に耐震性が甘いとされています。しかし、改修の際に耐震性の強化工事を施した物件がたくさん存在していることも事実です。一概に古いからと決めつけてしまうのはタブーです。すごく気に入った物件が1981年以前に建てられたものだったのならば、耐震診断をうけているかどうかを確認してみることをお勧めします。耐震工事をきちんと施していることが明らかになればあなたも安心でしょうし、もしもそのような経緯がないのであれば、残念ですが諦めたほうが無難だと思われます。近年の地震発生率を考えれば、やはりここは身の安全を第一に考えたほうがよいでしょう。

 住宅ローンの借入れを考えているのであれば、耐震性はやはりポイントとなってきます。住宅ローンに対する減税措置においても築20年を過ぎた物件に対しては対象外とされているようです。

 なによりこれからの住宅取得は、長く暮らすことを考えてしっかりとした躯体であることは最低限の条件として盛り込まなければいけないように感じます。

Tags: ,

Comments are closed.