Posts Tagged ‘洗面室’

17 5月

1坪洗面室

洗面室の広さは1坪が一般的とされていました。しかし、最近では洗面室を家事を行うスペースとしても利用するケースが増え、1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが増えてきています。

しかし、我が家の新居は1坪しか確保できませんでした。限られた広さではありますが、空間を最大限に有効活用させることで1坪でも十分な広さであるとも実感しています。まず空間を有効活用できるように洗面室の扉を引き戸にしました。最初は建具を設けずアーチ状の垂れ壁で緩やかに間仕切ろうかとも考えたのですが、湿気や冷気の流れ込みを避けるために建具を設けました。引き戸であれば扉を開閉する時のデッドスペースが生まれず空間を利用しやすくなるのです。

そして窓は天井近くの高い位置に横長の窓を設けました。チェーンで開閉できる窓にしたので、窓を物でふさぐこともありませんし、風の通りもしっかりと確保できています。また、壁面を確保できているので収納スペースを確保しやすくもなっています。この窓の下には洗面化粧台と洗濯機を設置しています。これらを横並びに配置すると30㎝ほどの隙間が生まれてしまいます。この隙間をそのままにするのではなく、洗面化粧台と同じ高さと奥行の隙間収納を設けました。わずかな収納スペースのようにも感じますが、タオル類をはじめ、お化粧道具やヘアアイロン、洗濯用洗剤などこの空間内で使用するものをしっかりと収納することができています。

そして、洗濯機の上部の壁面には可動オープン棚を設け家族の下着やパジャマを収納するスペースを確保することができています。限られた空間でもこのように活用させることで利用しやすく、必要な物がきちんと揃う空間が広がっているのです。

23 3月

洗面室

主婦である私は住宅の中で一番キッチンが重要だと思っていました。
このキッチンは家事の中心的存在です。それだけにいかに家事を効率よく行えるか、キッチンに立つ時間がいかに楽しいと感じられるかというのは大切なことです。
これに引きをとらないのが洗面室ではないでしょうか。
洗面室には洗濯機を置く家庭が多いです。洗濯機があるということは、洗面室は家事を行う場所でもあります。

洗濯は毎日行う家事の一つです。
それだけにキッチン同様に洗面室も非常に大事な空間なのです。
また家族みんなが使用する場所でもあります。
手洗いや歯磨き、入浴の前後、髭剃りにヘアセットなど使用頻度が高い空間でもあります。家族みんなが使いやすさを感じられる空間にしておきたいものです。

洗面室の広さには限りがあります。
広さに限りのある空間を活用するには収納を充実させスッキリさせることが第一です。
そこで我が家の洗面化粧台は造作してもらいました。
洗面室には洗面化粧台と洗濯機は欠かせません。大きさのある二つをスッキリまとめることが大切なのです。
スペースに合わせて造ってもらった洗面化粧台に洗濯機をビルトインし空間をスッキリとさせるのです。そうすることで通常、洗面化粧台と洗濯機の間に生まれる隙間をなくし、収納を充実させることができるのです。

また洗濯機の上部も無駄なスペースにしがちですが、棚があるだけで洗濯関連用品をしまったり、洗濯カゴを置いたり家事を効率行える空間造りができるのです。
そしてこの空間に天井から吊るすタイプの室内用の洗濯物干し場を設けておけば、悪天候時でも洗濯物を干す場所に困らず家事への負担が軽減されることでしょう。